治験バイト

治験バイトの死亡事故、副作用まとめ

治験の死亡事故まとめ

治験バイトの死亡事故や副作用をまとめています。日本だけではなく海外で起こった治験の事故や安全性などを掲載しています。

新薬の治験での死亡事故

抗がん剤などの副作用が大きい治験は死亡事故もある

▼日本での死亡事故

・2019年6月てんかん薬の治験

製薬会社エーザイのてんかん薬の治験に参加した健康な成人男性が一人亡くなりましたが、治験との因果関係は不明です。この治験では健康な成人男性118人(20~85歳)が参加しましたが他の参加者は健康なようです。厚生労働省によると、治験の情報の確認ができる2013年以降初めてでした。

・1988年の抗がん剤の治験

1988年の愛知県がんセンターで卵巣がんの女性(45)が死亡する事件がありました。安全性と有効性が確認されていない新規の抗がん剤治験で亡くなってしまったのです。抗がん剤は副作用が大きい薬ですので、健康な人で治験に参加したい人は既に市場に出回っているジェネリック医薬品にしたほうが良いでしょう。

▼フランスでの死亡事故

治験死亡事故

2016年にフランスで行われた治験で死亡事故がありました。ポルトガルのBial社が開発した薬をフランスのレンヌ大学で行われた治験です。

論評を読んでみると、6例のうち1例が死亡し、4例に神経障害が見られました。専門家によると、事故の原因は薬の品質の劣化か投薬量のミスなのではないかということです。

▼イギリスでの死亡事故

イギリスで2006年に行わえれた治験では健康のボランティア8人のうち薬を摂取した6人が多臓器不全に陥ったのです。

日本では薬の承認期間と新薬の治験が始まるまでの期間が長い

▼海外で先に治験をしてから日本で治験を行うケースが多い

日本の製薬会社が開発する新薬であっても欧米やヨーロッパでの需要のほうが大きいため、欧米やヨーロッパで先に治験を行うケースが多いのです。

▼海外で先に販売されている薬では予期しない副作用のリスクが低い

海外で実際に販売されている薬を日本の治験で日本人に投与されるケースにおいて、事故が起こったケースは見当たりません。

ジェネリック医薬品の治験では死亡事故は見当たらない

治験の副作用が怖い場合はジェネリック医薬品を選ぶと良い

ジェネリック医薬品での治験では死亡事故は見当たりませんでした。治験の副作用が怖い方はすでに市販されている薬と成分が全く同じジェネリック医薬品の治験に参加してみてはいかがでしょうか。

ジェネリック医薬品の治験とは

▼ジェネリック医薬品と市販されている薬を飲み比べる試験

ジェネリック医薬品の治験

ジェネリック医薬品の治験とは、ジェネリック医薬品と市販されている薬を飲み比べるものです。血中濃度や薬の吸収や体外への排泄を調べて安全性や治療効果を調べます。

ジェネリック医薬品が安い理由

▼会社Aが開発した特許が切れた薬を会社Bが製造して売るから

ジェネリック医薬品が安い理由

製薬会社Aが開発した薬の特許が切れたらジェネリック医薬品として製薬会社Bが売ることができるため、安く売られているのです。

すでに安全性や有効性が確認された薬を開発するので、開発期間が短くてすむので、元の薬よりも安い価格で売られています。

まとめ

治験参加者の死亡事故についてまとめてみましたが、安全性を重視したいなら市販で売られている薬のジェネリック医薬品が良さそうですね。

海外の方が死亡事故が多いのは薬に関する法律が日本よりも緩いからなのかもしれません。そこは情報が分かり次第追記していきたいと思います!

おすすめ治験参加者求人サイト一覧



▲シスモール

▶︎治験ボランティア【シスモール】を見る


・健康男性用の治験はもちろん、便秘や花粉症、ドライアイなどの治験モニターも充実。


▲JCVN

▶治験ボランティア「JCVN」を見る


メタボでお悩みの方が健康食品やサプリメントを試すことが可能。専門家による診察とアドバイスを受けられて謝礼ももらえる。

治験情報トップページに戻る▶治験情報のトップページに戻る