ブックメーカー

ブックメーカー

ブックメーカーのおすすめ比較ランキングです。日本人向けのオッズが低いブックメーカーはもちろん、投資に必要なサポートを兼ね揃えた会社を紹介しています。おすすめブックメーカーを知りたい方はこちらを参考にして下さい。

ブックメーカーとは

海外のスポーツ賭博のこと(日本で言う競馬に近い)

ブックメーカーはスポーツ賭博

ブックメーカーとは海外のスポーツ賭博のことです。ヨーロッパではかなり普及しており、レアル・マドリーのスポンサーをしているブックメーカーもあります。日本で似たものを例に挙げると、競馬やボートレースです。競馬と同じように賭け方に色々な種類があり、様々なベット方法で楽しむことができます。

おすすめブックメーカー人気比較ランキング

1位:Pinnaclesports (ピナクルスポーツ)
業界最高のオッズ!アービトラージを許可している唯一のブックメーカー。平均還元率は脅威の約97%。(パチンコは約85%、競馬は約75%。)専業を目指すならここがおすすめ。プロギャンブラー歓迎のブックメーカーです。ビットコインでも入金可能。
←から詳細をチェック!
評価
還元率 およそ97%
入金方法 ビットコイン、ewallet
賭け対象の数 少なめ。
2位:William Hill(ウィリアムヒル)
日本人登録数NO.1の老舗ブックメーカー。1934年に創立され、ユーザーを飽きさせない工夫はピカイチ。アメリカの次期大統領や次にジェームズボンドを演じる俳優など色々なことがベットの対象となっています。
←から詳細をチェック!
評価
還元率 およそ96%
入金方法 銀行振込、ewallet
賭け対象の数 非情に多い。
3位:Sports bet io(ネットベット)
ライブ中継が可能なのとビットコイン入金が可能なのが大きなメリット。世界初のビットコイン専門のブックメーカーです。
←から詳細をチェック!
評価
還元率 およそ96%
入金方法 ビットコイン、ewallet
賭け対象の数 平均的。

人気比較ランキング順位の基準

①還元率

トータル成績で勝てるのかどうかに大きく関わってくる還元率は何よりも重視すべきものです。当サイトに掲載しているブックメーカーの還元率の順番は下の通りとなっています。

  1. ピナクルスポーツ
  2. ウィリアムヒル

②入金のしやすさ

ブックメーカーは海外サイトのため、非情に入金が面倒になっています。日本のクレジットカードの多くが入金を拒否するため、ewalletを利用や海外の銀行振込み、ビットコインでの入金をしなくてはなりません。

▼クレジットカードで入金可能なブックメーカー

・sports bet.io(クレジットカードで一旦ビットコインを購入する)

▼ビットコインで入金可能なブックメーカー

・ピナクルスポーツ

・sports bet.io

③スポーツの生中継が見られるかどうか

生中継視聴可能のsportsbet.io

スポーツの生中継を無料で見られるのもブックメーカーの優れたところです。ブックメーカーに登録しないで視聴したい人はDAZNや楽天tvを利用しないといけません。ベットしなくてもスポーツを見るためにブックメーカーを利用するのはありですね。

<div class=”concept-box2″><p>入金しないとライブ中継を視聴できません。放送権の問題がありライブで視聴できるスポーツは少ないです。</p></div>

▼スポーツの生中継が見られるブックメーカー

・sports bet.io

日本のギャンブルよりブックメーカーの方が勝ちやすい理由

還元率(オッズ)が他のあらゆるギャンブルより圧倒的に高い

ブックメーカーの還元率(オッズ)は他のどんなギャンブルよりも圧倒的に高いです。還元率が高ければ高いほどそのギャンブルは参加者が勝ちやすく、ギャンブルをやる以上最も大切にするべき数値と言えます。

▼還元率とは胴元に手数料を取られた後、参加者にお金が分配される割合のこと

還元率とは、ギャンブル参加者からお金を集め胴元へ手数料を差し引いた後、参加者に配分されるお金の割合です。

ギャンブル参加者から100万円集まり、胴元が3万円持っていく→還元率97%

▼様々なギャンブルの還元率一覧

ギャンブル名 還元率
ブックメーカー 約95%~約97.5%
パチンコ 約80%~約85%
競馬、競輪、競艇 約75%
宝くじ 約45%

賭ける対象がバラエティーに富む

ブックメーカーの政治

ブックメーカーで賭けることの出来る対象はバラエティーに非情に富んでいます。次にEUを離脱する国やアメリカの2020年の選挙での勝利政党など様々なものにベットすることが可能です。

▼賭け対象一覧

  • サッカー
  • テニス
  • 野球
  • バスケットボール
  • eスポーツ
  • TV番組
  • 政治

低予算から可能

低予算から始められる

ブックメーカーは非情に低予算から可能です。大体のブックメーカーでは0.1ユーロからベット可能で、これは日本円にすると10円単位(1ユーロ=110~120円)になります。お試しでちょっとだけ賭けてみる楽しみ方もアリでしょう。

初心者からすぐに始めやすい

初心者から始めやすい

サッカーやテニスや野球、バスケットボールのルールをご存知の方は日本人ならかなり多いはず。そのため、賭け方を理解すればすぐにその日から始めることが出来るのも大きなメリットと言えます。とはいえ、賭け方も単純な勝ち負けや点差であったりするのですぐに仕様を理解できるのがブックメーカーの良いところです。

土日や平日の夜、通勤前の時間でも利用できる

▼翌週の試合にもベットできる

翌週の試合でも賭けられる

日中は忙しいサラリーマンや学生の方にとって空いた時間に次の試合にベット出来るのもブックメーカーの嬉しい点です。時間をかけずに出来るので、朝の時間や通勤時間なんかにもスマホでポチポチっとベットできます。

ブックメーカーは賭け事だから違法?

グレーゾーンだが逮捕者は一人もいない

ブックメーカーが合法なのかどうかという点は国によって扱いが異なり、イギリスやオランダではブックメーカーは合法とされています。日本では2019年現在はグレーゾーンです。

現時点で逮捕者は出ておらず、法律によって罰することは非情に難しいとされています。

▼日本の法律では賭け場の胴元と参加者の両方を取り締まる必要あり

日本の法律では賭け場の胴元と参加者の両方を取り締まらなくてはなりません。しかし、ブックメーカー会社はレアル・マドリーのスポンサーになるなど各国の厳しい基準を合格した信頼性の高い会社であるため、罰することができないのです。

そのため、パソコンやスマホからこっそり楽しむだけでは捕まる心配はないと考えられています。

▼カジノ法案で2020年半ばに民営カジノが開業されることが後押しか

カジノ法案(IR法案)が2018年7月に可決されたため、2025年ごろに民営カジノが開業される見通しです。その流れで規制が緩和されてオンラインカジノやブックメーカーも合法になるのではないかと考えています。

ギャンブルと似ているビットコインなどの仮想通貨(暗号通貨)の取引やFXや先物取引が違法ではない以上、ブックメーカーを違法とするのは筋が通っていませんから、将来的には規制緩和されるのではないでしょうか。